ルミノックス発光システム

腕時計バカ一代

ルミノックスのテクノロジー

ルミノックスの最大の特徴と言えば…やっぱり自己発光型という画期的なシステムを使用した"ルミライトテクノロジー"ですよね!

自分的には暗闇で光るこの発光システムがドツボでして…。
針や文字盤、ベゼルなどボワァ〜〜っと光る姿は本当にカッコイイ!!

もちろんカッコイイだけではなく、視認性も抜群ですよ。
夜でも手首をひっくり返すだけでも時間を確認できるのはルミノックスならではないかと。
ボタン式じゃないというのはここまでラクなんですねぇ…びっくりしました!!

なんでここまで光っちゃうかというと、実はトリチウムガスを含んだマイクロガスカプセルが埋め込まれてるんですね。
このカプセルが、昼夜問わず24時間光り続けてるというわけなんです。

例えば、蓄光型の時計だったらどんどん光度が低下するのはご存知ですか? あとはバックライトは電池が無くなるとやっぱり消えちゃう…この電池変えるのって何であそこまで億劫なんですかね(笑)

ルミノックスに関してはこれらの不具合が一切なし。
とにかく光り続けてるという優れもの。
自分が重宝するのはバイクの運転中ですかね、今までボタン式を使用してたんですけど、グローブでボタンが押せない押せない(笑)

手首をちょっと顔に向けるだけで時間を確認できるのは本当に便利なことなんですよ。
日常生活でも「こんなとこで役立つんだ…」と知らずのうちにボタンを押してたこと多数!

アメリカの様々な主要機関で絶対な信頼性を受けてるのも納得。
納得って言ってもこのルミライトシステムだけなんですけどね(笑)
えらそなこと言ってすみませんでした…。
copyright(C)腕時計バカ一代